JUDGE

審査委員紹介

二次審査・公開審査 審査委員

審査委員長

藤本 壮介

建築家/藤本壮介建築設計事務所代表

1971年北海道生まれ。

東京大学工学部建築学科卒業後、2000年藤本壮介建築設計事務所を設立。2014年フランス・モンペリエ国際設計競技最優秀賞(ラルブル・ブラン)に続き、2015、2017、2018年にもヨーロッパ各国の国際設計競技にて最優秀賞を受賞。2019年には津田塾大学小平キャンパスマスタープラン策定業務のマスターアーキテクトに選定される。2020年、2025 日本国際博覧会の協会事務局会場デザインプロデューサーに就任。

 

主な作品に、ロンドンのサーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2013 (2013年)、House NA (2011年)、武蔵野美術大学 美術館・図書館 (2010年)、House N (2008年) 等がある。

​写真:House N - (c) IWAN BAAN 

審査委員

芦澤 竜一

建築家/滋賀県立大学教授

1971年神奈川県生まれ。94年早稲田大学卒業。94-00年安藤忠雄建築研究所勤務。01年芦澤竜一建築設計事務所設立。2015年より滋賀県立大学教授。

主な作品に、水都大阪2009水辺の文化座、GROTTO、風の間、琵琶湖のエコトーンホテル、FACTORY IN THE EARTH、SPIRAL GARDENなど。

主な受賞歴に、日本建築士会連合会賞、サスティナブル住宅賞、JIA環境建築賞、SDレビューSD賞、大阪建築コンクール渡辺節賞、芦原義信賞、LEAF AWARD,ENERGY GLOBE AWARD、FuturArc Green Leadership Award、Dedalo Minosse International Prize、International Architecture Award などがある。

​写真:琵琶湖のエコトーンホテル

藤野 高志

生物建築舎

 略歴

1975年 群馬県生まれ

1998年 東北大学工学部建築学科卒業

2000年 東北大学大学院 都市・建築学 博士前期課程修了

2000年 清水建設株式会社 本社設計本部

2001~05年 はりゅうウッドスタジオ

2006年 生物建築舎設立

2012~14年 東北大学 非常勤講師

2012年~ 前橋工科大学 非常勤講師
2017年〜 東洋大学 非常勤講師
2017年〜 武蔵野大学 非常勤講師
2018年〜 お茶の水女子大学 非常勤講師

2020年~ 成安造形大学 客員教授

 受賞

2020 WADA賞「ケーブルカー」

2020 日本建築学会作品選集2020「鹿手袋の蔵」

2019 日本建築学会作品選集2019「S市街区計画」「園」

2018 日本建築学会作品選集2018「貝沢の家」

2017 SDレビュー2017朝倉賞「鹿手袋の保育園」

2013 2013年日本建築学会作品選集新人賞「天神山のアトリエ」

 主な著書

2019年3月  卒業設計で考えたこと。そしていま3  彰国社(共著)

2016年8月   地方で建築を仕事にする 学芸出版社(共著)

​写真:天神山のアトリエ

​藤原 辰史

歴史学者/京都大学准教授

 1976年生まれ。1999年、京都大学総合人間学部卒業。2002年、京都大学人間・環境学研究科中途退学、同年、京都大学人文科学研究所助手、東京大学農学生命科学研究科講師を経て、現在、京都大学人文科学研究所准教授。
主な著書に『ナチス・ドイツの有機農業』(第1回日本ドイツ学会奨励賞)、『カブラの冬』、『稲の大東亜共栄圏』、『ナチスのキッチン』(第1回河合隼雄学芸賞)、『食べること考えること』、『トラクターの世界史』、『戦争と農業』、『給食の歴史』(第10回辻静雄食文化賞)、『食べるとはどういうことか』、『分解の哲学』(第41回サントリー学芸賞)、『縁食論』、『農の原理の史的研究』がある。2019年2月には、第15回日本学術振興会賞受賞。

山田 紗子​

建築家/山田紗子建築設計事務所

1984年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業、東京芸術大学大学院美術研究科建築専攻修了。2007-2011年、藤本壮介建築設計事務所勤務。現在、山田紗子建築設計事務所代表。明治大学理工学部建築学科、ICSカレッジオブアーツ非常勤講師。第3回日本建築設計学会賞大賞、第36回吉岡賞、Under 35 Architects exhibition 2020 Gold Medal受賞。

写真:daita2019-(c) yurika kono

Copy right  ©建築新人戦2021実行委員会 All rights reserved