JUDGE

審査委員紹介

二次審査・公開審査 審査委員

審査委員長

遠藤 克彦
建築家/茨城大学准教授

遠藤克彦さん 顔写真.jpg

1992年 武蔵工業大学(現 東京都市大学)工学部建築学科卒業
1995年 東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻修士課程修了
    (東京大学生産技術研究所 原広司研究室在籍)
1997年 遠藤建築研究所設立
2007年 遠藤克彦建築研究所に組織改編
茨城大学准教授

 

​代表作品:大阪中之島美術館(c)HIROSHI UEDA

 プロフィール写真:(c) Ryogo Utatsu

審査委員

松村 圭一郎
文化人類学者/岡山大学文学部准教授

松村 圭一郎さん 顔.jpg

1975年、熊本生まれ。

京都大学総合人間学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士 課程修了。

京都大学助教、立教大学准教授を経て、岡山大学文学部准教授。専門は文化人 類学。

主な著書に

『所有と分配の人類学』(世界思想社、第30回澁澤賞、第37回発展途上 国研究奨励賞受賞)

『基本の30冊 文化人類学』(人文書院)

『うしろめたさの人類 学』(ミシマ社、第72回毎日出版文化賞特別賞)

『これからの大学』(春秋社)

『はみだしの人類学』(NHK出版)

『くらしのアナキズム』(ミシマ社)

共編著に『文化 人類学の思考法』(世界思想社)

『働くことの人類学』(黒鳥社)がある。

​大西 麻貴

大西麻貴+百田有希/o+h 共同主宰
横浜国立大学大学院 Y-GSA 教授

onishi maki_Yurika KONO.jpg

京都大学建築学科卒業、東京大学大学院博士課程修了。

2008年より「大西麻貴+百田有希/o+h」を共同主宰。

2022年~横浜国立大学大学院 Y-GSA プロフェッサーアーキテクト。

​代表作品:Good job! Center KASHIBA (c) Yoshiro MASUDA

 プロフィール写真:(c) Yurika KONO

​平瀬 有人
佐賀大学准教授/ yHa architects

平瀬 有人さん 顔.jpg

1976年 東京都生まれ
1999年 早稲田大学理工学部建築学科卒業(村野賞)
2001年 早稲田大学大学院修士課程修了(小野梓記念芸術賞)
2001-07年 早稲田大学古谷誠章研究室・ナスカ一級建築士事務所
2003-06年 早稲田大学 理工学部 建築学科 助手
2004年 早稲田大学大学院 理工学研究科建設工学専攻建築学専門分野 博士後期課程単位満了
2006-07年 早稲田大学 理工学部 建築学科 非常勤講師
2006-07年 早稲田大学 理工学総合研究センター 嘱託研究員
2007年- yHa architects
2007-08年 文化庁 新進芸術家海外留学制度 研修員(在スイス)
2008年- 佐賀大学 理工学部 准教授
2016-18年 九州大学大学院 人間環境学府 非常勤講師
2017年 建築作品による博士(建築学)学位取得(早稲田大学)

受賞:
《富久千代酒造 酒蔵改修ギャラリー》(日本建築学会作品選集新人賞2017・平成28年日本建築士会連合会賞優秀賞・AACA日本建築美術工芸協会芦原義信賞2016・JIA日本建築家協会優秀建築選2015・日本建築学会建築九州賞(作品賞)2015佳作・グッドデザイン賞2016・日本インテリアデザイナー協会 JID AWARD2016大賞・SDレビュー2014入選・アイカ施工例コンテスト2015最優秀賞・第6回木質建築空間デザインコンテストリノベーション・コンバージョン部門賞・JCDアワード2015 best100)。
《天神・因幡町通り地下通路》(プロポーザル最優秀賞、2015年)。
《小田部保育園》(日本建築学会建築九州賞(作品賞)2014奨励)。
《五ケ山クロスベース(五ケ山ダム湖畔観光拠点施設)》(ウッドデザイン賞2019 奨励賞(審査委員長賞)・JIA日本建築家協会優秀建築選2019・日本建築学会建築九州賞(作品賞)JIA特別賞2019・第32回福岡県美しいまちづくり建築賞 優秀賞・第6回福岡県木造・木質化建築賞 大賞・プロポーザル最優秀賞2016・グッドデザイン賞2020)。
《豊村酒造保存活用基本計画》(プロポーザル最優秀賞、2018年)。
《天神中央公園ハレノガーデン(西中洲エリア再整備事業)》(日本建築学会建築九州賞(作品賞)佳作2019・プロポーザル最優秀賞、2018年)。
《東峰村農家レストラン》(プロポーザル最優秀賞、2019年)。
《JR肥前浜駅交流拠点施設》(第7回佐賀のリニューアル賞 佐賀県知事賞、2019年)。
《棚田観測所》(SDレビュー2019朝倉賞、2019年)。
《御嶽山ビジターセンター》(プロポーザル最優秀賞、2020年)。
《TETUSIN DESIGN RE-USE OFFICE》(第34回福岡県美しいまちづくり建築賞 大賞、2021年)。

​代表作品:五ケ山クロス ベース(2019)

山口 陽登

YAP 代表

1980年大阪生まれ。

2003年大阪市立大学工学部建築学科卒業。

2005年大阪市立大学大学院工学研究科都市系専攻修了。

2005年〜2013年日本設計。

2013年〜siinari一級建築士事務所主宰。

2019年株式会社YAPに改組。

2021年〜大阪市立大学工学部建築学科講師。
主な受賞に、SDレビュー2014鹿島賞、グッドデザイン賞、JIA関西建築家新人賞など。

 

 

代表作品:一乗寺の住宅(c) KENTA HASEGAWA

一次審査 審査委員

審査委員

​光嶋 裕介

光嶋裕介建築設計事務所/神戸大学特命准教授

光嶋さん 顔.jpg

 プロフィール写真:(c) Ani WATANABE

1979年 米ニュージャージー州生まれ
2002年 早稲田大学大学院修了
2004年〜2008年 ザウアブルッフ・ハットン・アーキテクツ(独・ベルリン)勤務
2008年 光嶋裕介建築設計事務所を開設。
2021年 神戸大学特命准教授

 

主な作品に、《凱風館(神戸、2011)》、《森の生活(長野、2018)》、《桃沢野外活動センター(静岡、2020)》など。2015年にAsian Kung-Fu Generationの《Wonder Future》全国ツアーのステージデザインとドローイングを提供。

 

主な著書に、『幻想都市風景』(羽鳥書店、2012年)、『ぼくらの家』(世界文化社、2018年)、『増補 みんなの家』(ちくま文庫、2020年)など多数
 

​代表作品:桃沢野外活動センター (c) Takeshi YAMAGISHI

榊原 節子
榊原節子建築研究所  代表

1970 愛知県生まれ

1993 名古屋大学経済学部卒業

1993-2005  東海旅客鉄道株式会社(JR東海)

2005-2009  arte空間研究所

2009 榊原節子建築研究所 設立

2014-  大阪芸術大学 非常勤講師

主な受賞歴
2013年 SDレビュー朝倉賞

2014年 JIA近畿支部第9回関西建築家新人賞審査員奨励賞

2019年 令和元年度公社茶山台団地住戸改善事業提案競技最優秀賞

 

 

代表作品:「大開のアトリエ住居」2019年竣工 (c)Yasuhiro NAKAYAMA

​福原 和則

大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 空間デザイン学科 教授

1964年 大阪府生まれ

1988年 京都工芸繊維大学 卒業

1990年 京都工芸繊維大学大学院修士課程 修了

1990年~2012年 KAJIMA DESIGN(鹿島建設 建築設計部)にて設計
作品:神代幸福共創館 生長の家 ローレルコート難波 O社研究所 等
2007年 博士(工学) 京都工芸繊維大学
2012年~大阪工業大学工学部空間デザイン学科教授 
現在 大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 空間デザイン学科教授

 
 

代表作品:生長の家(大阪)

​堀口 徹

近畿大学建築学部准教授

1972年 オハイオ州生まれ 

1995年 東北大学卒業 

1997年 東北大学大学院修了

1999年 オハイオ州立大学大学院Knowlton School of Architecture M.Arch修了 

2003年 東北大学大学院博士後期課程修了

2003-2012年 東北大学大学院・助教 

2012-2015年 立命館大学理工学部建築都市デザイン学科・准教授 

2015年 近畿大学専任・講師 

2016年から現職

2006年 UC Berlekey客員研究員 

2008年 UCLA建築都市デザイン学科客員研究員 

2012年 国立モンペリエ高等建築大学客員教授 

2012-2018年 SCI_Arc Japan Studioインストラクター 

2017年 台湾銘傳大学客員教員 

2017年 香港大学ゲストクリティーク 

2018年 RMIT大学PRS Asiaゲストクリティーク 

2019年 台湾中原大学卒業設計ゲストクリティーク


代表作品   

2003-2011年 World Architecture Workshop 

2015年 釜山映画都市ワークショップ 

2016-2017年 アジア建築学生サマーワークショップ 

2018年 ポストリゾート国際建築ワークショップin白浜 

2019年 白浜〈記憶風景〉ワークショップ

主な受賞=2009年 日本建築学会教育賞(教育貢献)共同受賞

前田 茂樹​

建築家 ジオ-グラフィック・デザイン・ラボ(GGDL)代表

 プロフィール写真:(c) Yuna Yagi

大阪大学建築工学科卒業。

東京藝術大学大学院中退。

ジオ-グラフィック・デザイン・ラボを主宰し、住宅から公共建築、ランドスケープ設計を手掛ける。神戸芸術工科大学、近畿大学にて非常勤講師。
編著:「海外で建築を仕事にする」(学芸出版社) 

受賞:第25回日経ニューオフィス賞 近畿ニューオフィス奨励賞、グッドデザイン賞2020、2021、日本建築美術工芸協会賞入選

 

 

代表作品:三宅町交流まちづくりセンターMiiMo (c)  Yohei SASAKURA

​倉方 俊輔

建築史家/大阪市立大学准教授

1971年東京都生まれ。

1994年早稲田大学理工学部建築学科卒業。

1996年同大学院修士課程修了。

伊東忠太の研究で博士(工学)取得後、西日本工業大学准教授などを経て、2011年より現職。

主な著書に『みんなの建築コンペ論』(NTT出版)、

『はじめての建築01大阪市中央公会堂』(生きた建築ミュージアム大阪実行委員会)、

『神戸・大阪・京都レトロ建築さんぽ』(エクスナレッジ)、『吉祥寺ハモニカ横丁のつくり方』(彰国社)、

『吉阪隆正とル・コルビュジエ』(王国社)ほか。

日本建築学会賞(業績)、日本建築学会教育賞受賞。

生きた建築ミュージアム大阪実行委員会委員、日本建築設計学会「建築設計」編集長などを務める。

 

写真:神戸・大阪・京都レトロ建築さんぽ

​小林 恵吾
設計事務所NoRA /早稲田大学准教授

1978年生まれ。2002年早稲田大学理工学部建築学科卒業、2005年ハーバード大学大学院デザイン学部修士課程修了後、2012年までOMA-AMOロッテルダム事務所に勤務。その後、早稲田大学創造理工学部建築学科助教を経て2016年より同大学准教授。設計事務所NoRA共同主宰。主な作品に「ワセダライブハウス」、「Gordon Matta-Clark展会場計画」など。

 

写真:Gordon Matta-Clark展:Mutation in Space

​白須 寛規

design SU 代表 / 摂南大学理工学部建築学科講師

1979年 : 京都府出身

2004年 : 大阪市立大学大学院 修了

2006年 : 島田陽建築設計事務所 勤務

2010年 : design SU建築設計事務所 設立

現在 :摂南大学理工学部建築学科 講師
 

代表作品

並びの住宅

山口 陽登

YAP 代表

同上