次審査・決勝 審査委員

審査委員長

西沢 立衛

SANAA / 西沢立衛建築設計事務所

横浜国立大学大学院Y-GSA教授

1966年東京都生まれ。1990年横浜国立大学大学院修士課程修了、妹島和世建築設計事務所入所。
1995年妹島和世と共にSANAA 設立。1997年西沢立衛建築設計事務所設立。
 主な受賞に日本建築学会賞、村野藤吾賞、藝術文化勲章オフィシエ、吉阪隆正賞、ベルリン芸術賞*、プリツカー賞*。
 主な作品に、ディオール表参道*、金沢21世紀美術館*、森山邸、House A、ニューミュージアム*、
十和田市現代美術館、ROLEXラーニングセンター*、豊島美術館、軽井沢千住博美術館、ルーヴ
ル・ランス*、済寧市美術館 等。(*はSANAAとして妹島和世との共同設計及び受賞)
写真
済寧市美術館

審査委員

斎藤 幸平

経済思想家 / 大阪市立大学大学院准教授

1987年生まれ。
著書に『大洪水の前に マルクスと惑星の物質代謝』(堀之内出版、2019年)。編著に『未来への大分岐』(集英社新書、2019年)
2018年ドイッチャー記念賞受賞。ベルリン・フンボルト大学哲学科博士課程修了。

島田 陽

タトアーキテクツ / 島田陽建築設計事務所

京都芸術大学客員教授

1972年神戸生まれ。1997年京都市立芸術大学大学院修了後、直ちにタトアーキテクツ/島田陽
建築設計事務所設立。「六甲の住居」でLIXILデザインコンテスト2012金賞、第29回吉岡賞受賞。「石切の住居」で日本建築設計学会賞大賞(2016)「ハミルトンの住居」でHouse of the Year Award,AIA Brisbane Regional Awards/State Award, AIA Queensland Architecture Awards/National
Commendation, AIA National Architecture Awards「宮本町の住居」でDezeen Awards2018 House of the Year受賞。
著書に『7iP #04 YO SHIMADA』『現代建築家コンセプトシリーズ22/日常の設計の日常』等。神戸大学、神戸芸術工科大学、大阪市立大学等非常勤講師。京都造形芸術大学客員教授。
写真
宮本町の住居

中川 エリカ

中川エリカ建築設計事務所

1983 東京都生まれ
2005 横浜国立大学工学部建設学科卒業

2007 東京藝術大学大学院美術研究科建築設計専攻修了
2007-2014 オンデザイン
2014-2016 横浜国立大学大学院(Y-GSA)設計助手 
2014- 中川エリカ建築設計事務所
主な作品に「ヨコハマアパートメント*」(2011年度JIA新人賞、第15回ヴェネチアビエンナーレ国際
建築展 国別部門特別表彰)、「桃山ハウス」(住宅建築賞2017金賞、第34回吉岡賞)、「ライゾマティクス新オフィス移転計画」など。
*は、西田司/オンデザインと共同設計。
写真
桃山ハウス

前田 茂樹

​GEO-GRAPHIC DESIGN LAB.

大阪大学建築工学科卒業。東京藝術大学大学院中退。ドミニク・ペロー建築設計事務所(フランス)に2000~2010年勤務し大阪富国生命ビルを担当。GGDLを主宰し国内外の建築設計に携わる。
受賞:バングラデシュ・サイクロンシェルター国際設計競技最優秀賞、日経ニューオフィス賞奨励賞(ノルトロック新社屋) 編著:「海外で建築を仕事にする」(学芸出版社)神戸芸術工科大学、近畿大学にて非常勤講師
代表作品
TAKARAZUKA HUTS

次審査 審査委員

審査委員

澤 竜一

竜一建築設計事務所

滋賀県立大学教授

1971年神奈川県生まれ。94年早稲田大学卒業。94-00年安藤忠雄建築研究所勤務。01年芦澤
竜一建築設計事務所設立。2015年より滋賀県立大学教授。
主な作品に、水都大阪2009水辺の文化座、GROTTO、風の間、琵琶湖のエコトーンホテル、FACTORY IN THE EARTH、SPIRAL GARDENなど。
主な受賞歴に、日本建築士会連合会賞、サスティナブル住宅賞、JIA環境建築賞、SDレビューSD賞、大阪建築コンクール渡辺節賞、芦原義信賞、LEAF AWARD,ENERGY GLOBE AWARD、FuturArc Green Leadership Award、Dedalo Minosse International Prize、International Architecture Award などがある。
写真
琵琶湖のエコトーンホテル

倉方 俊輔

大阪市立大学准教授

1971年東京都生まれ。
1994年早稲田大学理工学部建築学科卒業。
1996年同大学院修士課程修了。
伊東忠太の研究で博士(工学)取得後、西日本工業大学准教授などを経て、2011年より現職。
主な著書に『神戸・大阪・京都レトロ建築さんぽ』(エクスナレッジ)、
『吉祥寺ハモニカ横丁のつくり方』(彰国社)、『これからの建築士』(学芸出版社)、
『大阪建築 みる・あるく・かたる』(京阪神エルマガジン社)、『ドコノモン』(日経BP社)、
『吉阪隆正とル・コルビュジエ』(王国社)ほか。
日本建築学会賞(業績)、日本建築学会教育賞受賞。
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会委員、日本建築設計学会「建築設計」編集長などを務める。
写真
神戸・大阪・京都レトロ建築さんぽ

光嶋 裕介

光嶋裕介建築設計事務所

神戸大学客員准教授

1979年 米国ニュージャージー州生まれ
2002年 早稲田大学理工学部建築学科卒業
2004年 同大学院修了
2004-08年 ザウアブルッフ・ハットン・アーキテクツ勤務
2008年 光嶋裕介建築設計事務所主宰
代表作品としては《凱風館》(神戸・2011)、《旅人庵》(京都・2015)、
《森の生活》(長野・2018)など多数
著作も『みんなの家。』(アルテスパブリッシング)、『これからの建築』(ミシマ社)、
『建築という対話』(筑摩書房)、『ぼくらの家。』(世界文化社)など多数

小林 恵吾

NoRA

早稲田大学准教授

1978年生まれ。2002年早稲田大学理工学部建築学科卒業、2005年ハーバード大学大学院デザイン学部修士課程修了後、2012年までOMA-AMOロッテルダム事務所に勤務。その後、早稲田大学創造理工学部建築学科助教を経て2016年より同大学准教授。設計事務所NoRA共同主宰。主な作品に「ワセダライブハウス」、「Gordon Matta-Clark展会場計画」など。
写真
Gordon Matta-Clark展:Mutation in Space

白須 寛規

design SU

摂南大学講師

1979年 : 京都府出身
2004年 : 大阪市立大学大学院 修了
2006年 : 島田陽建築設計事務所 勤務
2010年 : design SU建築設計事務所 設立
現在 :摂南大学理工学部建築学科 講師

代表作品
並びの住宅

福原 和則

大阪工業大学教授

1964年 大阪府生まれ
1988年 京都工芸繊維大学 卒業
1990年 京都工芸繊維大学大学院修士課程 修了
1990年~2012年 KAJIMA DESIGN(鹿島建設 建築設計部)
2007年 博士(工学) 京都工芸繊維大学 【村野藤吾の設計プロセス】
2012年 大阪工業大学 工学部 空間デザイン学科教授 
2017年 大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 空間デザイン学科教授
代表作品
生長の家(大阪)

堀口 徹 

近畿大学准教授

経歴
1972年 オハイオ州生まれ 1995年 東北大学卒業 1997年 東北大学大学院修了
1999年 オハイオ州立大学大学院Knowlton School of Architecture M.Arch修了 2003年 東北大学大学院博士後期課程修了
2003-2012年 東北大学大学院・助教 2012-2015年 立命館大学理工学部建築都市デザイン学科・准教授 2015年 近畿大学専任・講師 2016年から現職
2006年 UC Berlekey客員研究員 2008年 UCLA建築都市デザイン学科客員研究員 2012年 国立モンペリエ高等建築大学客員教授 2012-2018年 SCI_Arc Japan Studioインストラクター 2017年 台湾銘傳大学客員教員 2017年 香港大学ゲストクリティーク 2018年 RMIT大学
PRS Asiaゲストクリティーク 2019年 台湾中原大学卒業設計ゲストクリティーク
代表作品  
2003-2011年 World Architecture Workshop 2015年 釜山映画都市ワークショップ 2016-2017年 アジア建築学生サマーワークショップ 2018年 ポストリゾート国際建築ワークショップin白浜 2019年 白浜〈記憶風景〉ワークショップ
主な受賞=2009年 日本建築学会教育賞(教育貢献)共同受賞

前田 茂樹

GEO-GRAPHIC DESIGN LAB.

​同上

山口 陽登

YAP 

1980年 大阪生まれ
2005年 大阪市立大学大学院修了
2005年 株式会社日本設計(2013年まで)

2013年 シイナリ建築設計事務所 主宰(2019年まで)
2019年 YAPに改組
大阪市立大学 大阪芸術大学 非常勤講師
代表作品
鳥見町の住宅(photo by KENTA HASEGAWA)

 
 

Copy right  ©建築新人戦2020実行委員会 All rights reserved